海鷹祭概要

「海鷹祭(うみたかさい)」とは、東京海洋大学・品川キャンパスで毎年10月下旬から11月初旬にかけて開催されている学園祭です。

本学は、東京水産大学と東京商船大学が統合してできた、国内唯一の総合海洋系大学です。東京水産大学を前身とする品川キャンパスには海洋生命科学部と海洋資源環境学部が、東京商船大学を前身とする越中島キャンパスには海洋工学部がそれぞれ設置され、品川キャンパスでは10月下旬~11初旬頃に「海鷹祭」が、越中島キャンパスでは6月前後に「海王祭」が開催されています。

「海鷹祭」は、毎年恒例のマグロ丼販売をはじめとした、海洋大ならではの模擬店や展示、発表など、他の大学にはないユニークな学園祭になっています。

ご家族、ご友人とお誘い合わせの上、どうぞ「海鷹祭」にお越しください!委員一同、お待ちしております!!

開催期間
平成30年11月2日(金)~11月4日(日) 10時~18時
開催場所
東京海洋大学 品川キャンパス
テーマ
「水天一碧」
「水天一碧」とは、海上が晴れ渡り、海と空とが一続きとなって、境目がわからない様子のことです。
海鷹祭実行委員、参加者、来場者の垣根なく、開かれた学園祭としたい思いから今年度のテーマとしました。
目的
学内各団体や学生の活動、発想および本学の魅力を学外に向けて広く紹介することで、地域の方や来場者と本学の学生との交流を目指し、もって地域社会との連携の強化及び水産業界の発展へ貢献することを目的とする。

海鷹祭について